2015-10-21から1日間の記事一覧

上方の人情喜劇の原型

新潮文庫版 大阪の大阪らしい織田作之助の名作。一銭天ぷら屋を営む両親の話で、主人公はその娘の蝶子だ。<年中借金取りが出入りした>という書き出しから、商売の状況も見えて来る。 曽根崎新地の芸者になった蝶子、大正12年に化粧品問屋の息子で妻子持ち…